月別アーカイブ:2015年08月

専門医コース

歯周病を学んでいく上で欠かせない書籍

2020/2/6  

このページでは歯科医師になった後、歯周病を学んでいく上でとても役立ちしかも長い間使える教科書や参考書をまとめてあります。 本は初期投資がかかりますが、以後無料で使える情報源となるだけでなく、他人と知識 ...

虫歯

金歯と銀歯の違い

2020/1/4  

よく歯医者さんに行くと「金を使って治したほうがいいですよ〜」と言われて「え〜?金歯!?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回はこの金歯と銀歯の違いをお話ししていきます。

専門医コース

これからの歯周病専門医の役割

2020/1/4  

歯周病専門医は全歯科医師の1%ほどいる、歯周病の専門家です。 数年前より歯周病学会は『専門医』とその下位資格の『認定医』を増員させようと試みています。 また、テレビや雑誌などでも歯周病について取り上げ ...

歯の健康

歯茎が腫れる理由

2020/1/4  

歯の腫れの主な原因 昨日、居酒屋で仲良くなったお客さんから『どうしてたまに歯茎が腫れるの?』という質問を受けましたので、お答えしていきます!

専門医コース

コーヌステレスコープが歯周治療に有効な理由

2020/1/4  

歯周病の治療としは最善の治療法である『コーヌステレスコープデンチャー』 中には否定的な意見も多く聞かれます。しかし、そういった意見を聞いて私がいつも感じていることは、基本的な歯周治療が出来ていないから ...

歯周病予防

ソニッケアーは歯周病に効果があるか?

2020/1/5  

歯周病治療にどれくらい効果があるの? ソニッケアーはかなり優れた電動歯ブラシですが、歯周病に治療や予防にどこまで効果があると思いますか?

ケースレポート

歯周病専門医による症例報告10【典型的な歯周病治療】

2020/2/6  

この症例は典型的な歯周病治療の症例です。 基本治療に始まり、不良補綴物の除去、感染源の除去、プロビジョナルレストレーションの装着、歯周外科、口腔機能回復治療とフルコースで行っています。 本症例では自費 ...

ケースレポート

歯周病専門医による症例報告5【典型的な歯周治療】

2020/2/6  

この方は本来レジン前装冠ではなく、陶材焼付鋳造冠で補綴するのがベストですが、経済的な理由から自費の硬質レジン前装冠を装着しています。 また上顎前歯部に隙があったので補綴で修正しました。

ケースレポート

歯周病専門医による症例報告4【エプーリス】

2020/2/6  

この症例はエプーリスを非外科的に治療した世界的にも珍しい症例です。 わたしの経験から言うとエプーリスは全て切除の対象にならず、『線維性エプーリス』に発展する前段階の『肉芽腫性エプーリス』の段階であれば ...

ケースレポート

歯周病専門医による症例報告9【典型的な歯周治療】

2020/2/6  

この症例は歯周病患者さんにおいて プラークコントロールが重要だということを再認識させられた症例です。 下顎の第一大臼歯は本来なら軟組織移植を行い、ポンティック下の歯肉幅を増加するべきでした。

ケースレポート

歯周病専門医による症例報告8【コーヌステレスコープ】

2020/2/6  

この症例は他院からの紹介でいらしたものです。この症例のように自分では対処しきれない歯周病だと感じたら歯周病専門医に任せるのが良いと思います。  全顎的に重度の歯周炎に罹患しており、全顎的な治療が必要で ...

ケースレポート

歯周病専門医による症例報告7【インプラント】

2020/2/6  

 [インプラント] ブログ村キーワード こちらの症例は歯周病というよりは、全顎補綴をメインに治療した症例です。 患者概要 年齢・性別 53歳 男性 初診日 2008年9月9日 主訴 全体的に治して欲し ...

ケースレポート

歯周病専門医による症例報告6【過蓋咬合】

2020/2/6  

この患者さんは 咬合が深く、口蓋に下顎の全歯部が接触するくらい過蓋咬合でした。最終補綴時には咬合を少し挙上しています。 患者概要 年齢・性別 66歳 男性 初診日 2012年2月17日 主訴 歯ぐきか ...

ケースレポート

歯周病専門医による症例報告3【再生療法】

2020/2/6  

この方はご両親の介護のために自分の歯科治療の時間が確保できずに放置していた患者さんです。 これからの時代こういった方が増えてくるかもしれませんね。 患者概要 年齢・性別 53歳 女性 初診日 2009 ...

ケースレポート

歯周病専門医による症例報告2【コーヌステレスコープ】

2020/2/6  

私は本来コーヌステレスコープ義歯を装着する際、全歯を対象とすることが多いですが、この患者さんは全歯部がフレアーアウトしていたことと、歯周病の程度が軽症であったため、含めませんでした。

Copyright© オーラルケア大学 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.