妊娠・子供

妊娠した時の歯周病ケア【妊娠時のからだの変化を衛生士が解説】

この記事は妊娠されている女性で妊娠に関連する歯周病について知りたい方へ向けて作成されています。

この記事を書いている私は歯科衛生士として7年間経験があり、3年間歯周病専門医の先生と一緒に働いていました。現在は0歳と1歳の子供を育児中です。私自身の経験や友人にもアドバイスをしてきたので、妊娠中の歯周病について知りたい方はこの記事はご参考になると思います。

妊娠と歯周病の関係性

妊娠性歯肉炎とは

妊娠性歯肉炎は、お口の中の歯垢の細菌によって歯肉が炎症を起こすことです。主な症状は歯肉の腫れと歯肉からの出血です。

妊娠中はホルモンバランスの変化だけでなく、つわりによる吐き気で食生活が不規則になり、歯磨きが不十分となり妊娠性歯肉炎になりやすいです。

妊娠による歯周病のリスクとは

女性は妊娠時が1番歯周病にかかりやすい時期と言われています。

なぜ歯周病にかかりやすいかというと、妊娠中に「エストロゲン」という女性ホルモンが多量に分泌されます。そのエストロゲンのことを好物とするのが歯周病菌です。

また、妊娠により食嗜好が変わったり、つわりによって食事の摂取回数が増えたりと上手くオーラルケアができないことにより、歯周病菌が増え、妊娠時に歯肉が腫れたり出血したりする妊娠性歯肉炎が起こります。

必ずしも妊娠すると妊娠性歯肉炎になるということではなく、お口の中に汚れ(歯垢)が残り不衛生な状態にしなければ引き起こされない病気なので毎日のオーラルケアが重要です。

歯周病に関するより詳しい情報はこちらの記事がよくまとまっていて分かりやすいのでご参考にして下さいね。

歯周病ってうつるの??【日本と海外の研究を分かりやすく解説】

歯周病がうつるのではないか、うつしてしまうのではないかという疑問をお持ちの方のために分かりやすく解説をしています。 歯周病を作る菌が人から人にうつるということはご存知でしたでしょうか?大人同士でうつる ...

続きを見る

妊娠中のお口の中の変化

妊娠をすると唾液の量が減り、お口の中が乾き口臭が出てきます。

唾液は自浄作用があるのですが、唾液が減ることによって細菌を洗い流せなかったり、お口の中が酸性に傾き虫歯にもなりやすく、舌の上にも汚れが溜まってしまい口臭の原因になってしまいます。

先程お話しましたが、妊娠により女性ホルモンのエストロゲンが多量に増えることにより、歯周病菌が増えても口臭の原因になってしまいます。

口臭は防げないの?じゃあどうすれば良いの?と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、このあと自宅でも出来るオーラルケアのポイントを紹介していきますので安心してくださいね。

胎児への影響

歯周病菌が歯肉の血管から全身へ送り込まれ子宮内まで届くと、体が歯周病菌から守ろうと過剰反応し、子宮収縮させるホルモンが増え早産になり、低体重児出産を招く恐れがあります。

歯周病によってどれくらいリスクが高まるかというと、早産は1.7倍、低体重児出産は1.82倍とリスクが高まってしまいます。

歯周病はそれだけでなく、狭心症は1.59倍、動脈硬化は1.51倍、腎機能低下は2.24倍とさまざまな全身の病気へのリスクを高めてしまいます。

少しでもそのリスクを下げる為には、定期的に歯医者で歯周病の治療をすることと毎日の歯ブラシが赤ちゃんのためにも、自分自身のためにも繋がっていきます。

妊娠時の歯周病治療

妊婦の治療時期

妊婦の時期によってできる治療内容が違います。

妊娠時のオーラルケアについて知りたい方は、私が妊娠中に実践したオーラルケアとおすすめのケア用品を参考にして下さい。

① 妊娠初期(妊娠15週まで)

妊娠初期の治療は、流産や体位性低血圧、つわりがあったりと不安定な時期なので診査をして治療計画をたてていき、歯磨き指導がメインになります。

お痛みがある場合は、応急処置を行い安定期に入ってから治療を開始していきます。

 

② 妊娠中期(妊娠16〜27週まで)

妊娠中期は安定期になり、レントゲン撮影も可能になります。胎児に影響がないか心配になる方もいらっしゃると思いますが、最近のレントゲンはデジタル化され従来のレントゲンより1/10と少なくなっていて、歯からお腹は遠いので赤ちゃんに被曝量はないに等しいと分かってきています。それでも撮影するのはちょっとという方は医師と相談しましょう。

歯科治療は、妊娠前から定期的に通うことがベストですが妊娠中期が胎児と母体ともに安定している時期なのでこの時期までにできるだけの処置をることをオススメします。

③ 妊娠後期(妊娠28週以降)

妊娠後期になると、だいぶお腹が大きくなり仰向けになるのが辛くなってきます。

治療内容は、突然の低血圧、呼吸困難、刺激による早産を防ぐためにも基本的には応急処置になります。体勢がつらくなければ歯石除去を治療時間を相談しながら行ってもが良いですが、動悸や息切れもあるのであまり無理をしない方が良いかと思います。

お腹が大きいので治療時の体勢は、体の左側を下にした仰向けで治療したり、少し倒した状態で治療をしたりすることで子宮内の胎児の重さにより大静脈などの圧迫を防ぐことが出来るので、仰向けの体勢が辛かったりなにかあったら我慢をせずに医師に相談してください

妊娠時のオーラルケアのポイント

私がつわりで歯を磨けなかったときに実践したポイントをご紹介しますね!

  1. 歯ブラシを小さめのものに変える (私はタフトブラシを使っていました)
  2. 小刻みに磨くようにする (舌に当たると嘔吐感が出やすいので当たらないように)
  3. 下の方を向いて前屈みの体勢で磨く (この方法は私も有効的でした。)
  4. 歯磨き粉は香料や味が強いものは避ける (それでも臭いがダメという場合は、極少量にしたりなにもつけずに磨いてみてください)
  5. 体調の良いときに歯磨きをする (リラックスして歯を磨きましょう)
  6. デンタルフロスや歯間ブラシを使う (歯と歯の間は汚れがたまりやすいです。刺激が少なくしっかりと汚れを除去できます)

なにをしてもダメという場合は、洗口液を使用してうがいをするだけでも変わってきますのでチャレンジしてみてください。

私が妊婦の時に使っていたオススメのオーラルケア用品

今回、私が紹介したいのはフロアフロスです。

フロスってどれも一緒でしょって思うかもしれませんが、全然違うんです。歯と歯の間の汚れがしっかり絡みついてとってくれるのでフロスを通し終わったあとのスッキリ感が違います。

フロアフロスは初めて使うときは、こんな糸が太くて通すと痛くないの?って不安になるかもしれませんが繊維が柔らかいので正しいフロスの使用方法であれば痛くないです。

汚れをしっかり取り除いてくれる秘密は384本の繊維で出来ているからみたいです。

どんなに正しく歯ブラシで磨いても7割くらいしか汚れはとれません。歯と歯の間の汚れが3割落とせないんです。妊娠中は歯肉が腫れやすいので妊娠性歯肉炎を防ぐためにもとくにフロスが必要なのです。

 

指に巻いてやるフロスは難しいっていう方にオススメなのが、ルシェロフロッサーです。

普通の糸ようじと違うのが①360°回転し、30°ごとに角度を変えられるので前歯は縦に奥歯は横にしたりと自分のやりやすい角度にして使えるのと、②フロスの頭の部分を交換して使うことが出来るので清潔に使えます。奥歯と前歯で糸ようじを使い分けるのが面倒って方にもオススメです。

フロスの使い方をもっと詳しく知りたいって方はこちらをご覧ください。

歯周病専門医がおすすめするデンタルフロス!

デンタルフロスとは デンタルフロスとは「糸ようじ」とも呼ばれる口腔清掃グッズの1つです。 歯周病予防にもかなり効果的な道具で、ADA(America Dental Association、アメリカの権 ...

続きを見る

洗口液や歯ブラシのオススメはこちらの記事で紹介していますので、気になる方はご覧ください。

私が妊娠中に実践したオーラルケアとおすすめのケア用品

妊娠をすると体がいろいろ変化して不安なことってたくさんありますよね。 この記事では妊娠中のオーラルケアについて解説をしていますので、妊娠中のオーラルケアについて知りたい方は是非ご参考にして下さい。 こ ...

続きを見る

 

妊娠と歯周病 まとめ

妊娠中はホルモンバランスの関係で妊娠性歯肉炎になりやすく女性が歯周病に1番なりやすい時期でお口の中が乾燥してネバネバしたりつわりで食事が不規則になったり歯を磨けなかったりすることにより口臭が出やすくなってしまいます。

歯周病に罹患すると早産・低体重児出産のリスクが高まってしまうのでつわりがある場合は体調の良いときにするようにして妊娠中期に出来る歯科治療をしてお口の中を綺麗にして赤ちゃんを迎えましょう。

 

-妊娠・子供

Copyright© オーラルケア大学 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.